スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日銀は、日本を潰すきか

 上念司さんの本を読んだり動画を見たりすると日銀のミスジャッジがよくわかるが、昨日(9/27)の産経新聞1面に田村秀男氏の[超円高の元凶「小出し緩和」]というコラムが載っていた。読んでみていただきたい。

   超円高の元凶「小出し緩和」

FRBやECBは、量的緩和を積極的に行っているが、日銀がこれに対抗しないと円不足になり円高になるのは当たり前である。
 下の図は、三橋貴明氏のブログから転載したものであるが、ひと目見て、日銀が如何に消極的か一目瞭然である。

 120928マネタリーベース

 日銀は、なぜ、積極的にやらないだろうか。日銀は、「円の信認」という言葉をよく使うが、円高は、日銀の使命だと思っているのだろうか。それとも、日本を滅亡させようと考えているだろうか。いや、白川総裁は、学校の成績はよかったかもしれないが、世間常識を全く理解できない人ではないだろうか。
 2012/08/08の三橋貴明氏のブログの中に下記の記事が載っていた。

『日本銀行の白川総裁は、
人々は将来の財政状況への不安から支出を抑制し、そのことが低成長と緩やかなデフレの一因になっていると考えられる」(2012年4月21日 フランス銀行「Financial Stability Review」公表イベント(米国ワシントンDC)における講演にて)』

 「人々は将来の財政状況への不安から支出を抑制」とは、とんでもない認識だ。国民は、支出するとき政府の財政赤字なんか考えていない。本当にバカかと言いたくなる。

 自民党総裁になった安部晋三氏は、総裁選で『日銀とのアコード(協調)、インフレ目標3%』を訴えているので、首相になったら積極的に是正に動きだし、日銀が対応しないときは、日銀法を改正して是正するでしょう。安部晋三氏の活躍を大いに期待する。
 
スポンサーサイト

朝日新聞を廃刊へ

 少し古いが、9月9日(日)の産経新聞に小川榮太郎著の『約束の日 安倍晋三試論』の書評が載っていた。下記をクリックして読んでいただきたい。

  『約束の日 安倍晋三試論』の書評">『約束の日 安倍晋三試論』の書評

 私は、産経新聞を購読しているので、朝日新聞の安倍叩きについては知らなかったが、この書評を読んで、朝日め!と唸った。朝日新聞は、安倍叩きは『社是』であるという。とんでもない新聞である。書評も「特定の政治家を叩き、おとしめることが社是である新聞社とはどんな存在だろうか。それは、むしろ政治的意図をあらわにしたプロパガンダ機関というべきだが、社論を決定する地位にある人物がこう述べたというから驚く。」と書いているが全くその通りである。
 子どもの頃、家で朝日新聞を購読していたので、結婚して一家を構えてからも朝日新聞を購読していたが、約30年前、朝日新聞の報道姿勢に我慢がならず、産経新聞に乗り換えた。
 朝日新聞の偏向報道には枚挙に暇がない。いい加減な資料で従軍慰安婦を取り上げ、韓国がそれに乗って従軍慰安婦を問題化しているのは、朝日新聞の責任である。
 朝日新聞を、ときどきは読むが、朝日新聞は、日本や日本人がきらいなようで、日本が進歩発展することが面白くないようだ。ソ連崩壊前の左翼思想を引きずっており、福島瑞穂の社民党の機関紙ではないかと思ってしまう。
 こんな反日新聞は、何としても廃刊へ持ち込まなくてはならない。
 今、朝日新聞をとっている方は、速やかに他の新聞に乗り換えていただきたい。

例の伊藤教授のコラム6

 今日の産経新聞の一面に例の伊藤教授のコラムが載っていた。読んでみたが、相変わらず何の役にもたたない文章である。

   伊藤教授のコラム6

 この先生は、欧州危機の本質を理解しているのだろうか。「ユーロの導入で通貨の統合は進めたが、財政制度や金融制度での統合が中途半端であったことが、今回の危機の重要な原因である。ブリュッセルの専門家はそう言っている。」と第三者を決め込んでいる。そして読んだだけでは理解できない金融の統合の強化について書き、最後に「重要なことは、そうした危機を受けて欧州の政治や経済の世界でどのような改革の論議が始まっているのかに注目しなくてはならない。」と結んでいる。そもそも通貨統合は、本質的に間違っている。間違ったものの改革論議などに注目しても何の益もない。結果を知れば十分である。

 7月15日の産経新聞の日曜経済講座に「詐欺商法だったユーロ通貨統合」という記事が載っていた。これを下に示す。伊藤教授のコラムと比較してみてほしい。

  2012/07/15日曜経済講座

 このコラムでは、最後に「ユーロの維持には、参加国全体の債務の共有化・財政統合が不可欠なのだ。」と結んでいるが、ナショナリズムを共有できない国々が、債務の共有化・財政統合などできるはずがない。



伝統の破壊者を排除しよう

 2012年9月7日の産経新聞を見たら、一面に哲学者の適菜収氏のコラムが載っていた。

  敵菜収氏のコラム「他にも守るべきものがある」

 竹島の領土問題に対して、そもそも領土以前にもっと大切なものが失われているのではないかと問題を提起し論を進めている。昨日、維新の会の本質について書いたが、橋下徹市長が文楽の伝統を破壊しようとしてると述べている。そして、最後に「日本人が日本人であることの誇りを失わない限り国が滅びることはない。しかし伝統の破壊者に対し日本人が拍手喝采を送るようになったとき国家は内部から崩壊する」と結んでいる。然りと思う。
 私は、日本人として生まれ誇りに思っており、日本の伝統をきちっと守っていくつもりである。伝統の破壊者は、左翼であり、朝日新聞などは典型である。こういう新聞は購読しないよう活動していかなければならい。橋下徹氏は、保守的な発言もあるが、基本的に左翼であり、国会に出してはならない。
 

維新の会の本質

 一ヶ月が経つのは早いもので、広告が表示されるようになったので、記事を書くことにした。
 維新の会が八策をリリースしたが、経済政策を見るととんでもない内容であることがわかった。
 規制緩和、競争力強化、既得権益の打破、自由貿易、グローバリズム、TPP参加などインフレ対策のオンパレードだ。これをまともにやられたらデフレが益々深刻化し国力が低下する。今の民主党より更に悪くなるだろう。こういう連中を絶対に国会へやってはいけない。
プロフィール

misa

Author:misa

  Misaブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログカウンタ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。