スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

また、例の伊藤教授のコラム5

8月4日の産経新聞に例の伊藤教授のコラムが載った。今回は、「五輪支える企業の技術力」という表題である。読んだ感想は、これが東大の経済学の教授の文章かと思った。まずは、読んでみていただきたい。

  伊藤元重教授のコラム

 最後の16行までは、テレビや新聞でよく報道されていることを記しただけで目新しいものは何もない。
 「オリンピックに出場するまでに選手は大変な努力をしている。そうした姿がもっと報道されてもよいと思うのは私だけではないだろうか。」なんて書いているが、かなり報道されていると思うが、テレビや新聞はあまり見ていないのだろうか。
 最後の15行は、欧州の経済危機について書いているが、何ともお粗末である。「ロンドンオリンピックを転機に、欧州経済の復活の道を歩み始めてほしい。」と最後に願望を書いているが、ズブの素人がこういう願望を述べるのはよいが、筆者は、経済学の教授である。欧州経済の問題点を何も把握していなのだろうか。
 7月29日に田村秀男氏のコラムを載せたが、彼は、ロンドンオリンピックに関連し英国経済を分析し問題点を明らかにし日本への教訓を述べている。この文章と読み比べてみると伊藤教授の文章が如何に劣るか明らかである。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

misa

Author:misa

  Misaブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログカウンタ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。