スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日銀独立して国破れる

が、 今日の産経新聞の一面に田村秀男氏の「日銀独立して国破れる」というコラムが載っていた。「日銀独立して国破れる。かなり過激な表現だとためらったが、やはりそう言わざるをえない。」と書き出して日銀を痛烈に批判している。まずは、読んでみていただきたい。

      日銀独立して国破れる

中央銀行の金融政策が物価を左右するというのは、数世紀にわたって試行錯誤してきた経済学上の英知なのである。物価の継続的な下落であるデフレは「物価の不安定」であり、どの国でも「国民経済の健全な発展」を損なう。
 4年前のりーマン・ショック後、米欧の中央銀行がお札を大量に刷ってデフレ防止に躍起となったのは、義務を遂行するためだ。デフレを14年間も放置してきた日銀は日銀法に違反している可能性がある。違法と断言できないのは、「物価の安定」の定義がなく、もっぱら日銀自身の解釈に委ねられているからだ。日銀は当初、物価上昇率ゼロ%台を内規としてきたが、今年2月になってようやく「1%のメド」を設定した。それでも達成義務から逃げている。


と記しているが、9月28日に載せたマネタリーベースの推移を見れば、一目瞭然である。

120928マネタリーベース

 それにしてもマスコミは、マネタリーベースの比較をほとんど報じていない。
 安倍氏に反対する論者のハイパーインフレになるなどの愚論を盛んに載せている。野田首相が安部氏の提起に対して反対意見をさかんに載せているが、反対意見はどうでもよい。それより、民主党は、過去3年間デフレ脱却が出来なかった、今後どのようにしてデフレを脱却するのか具体的な政策を聞き出し報道すべきである。

 と書いたが、民主党のデフレ対策は、どういうものかNetを調べたらロイターが「民主党の衆院選公約、14年度のデフレ脱却を明記」と題して載せていた。
    http://jp.reuters.com/article/businessNews/idJPTYE8AJ05Z20121120
「 [東京 20日 ロイター] 民主党が来月16日投開票の衆院選で掲げる政権公約(マニフェスト)の最終案が明らかになった。経済政策では「2014年度のデフレ脱却を目指す」として経済成長を促進すると同時に、日銀と一体的に取り組む方針を明記。

 過度な円高には為替介入も含めた対応も辞さない姿勢を強調した。民主党は経済連携に関する表記などを早急に詰め、近く正式に決定する方針。

 最終案に盛り込んだ経済政策は、14年度のデフレ脱却へ向け、日本再生戦略で定めた重点3分野である「グリーン(環境・エネルギー分野)、ライフ(医療・介護分野)、農林水産業の成長産業化」と「経済連携の加速による海外成長の果実の取り込み」を通じて需要を拡大。「20年度までの平均で名目3%程度、実質2%程度の経済成長を実現する」とした。

 日銀の金融政策に関しては、今年10月に政府と交わした共同文書に言及。「文書に基づき、デフレ脱却に向けて政府・日銀が一体となり最大限の努力を行う」方針を掲げた。物価目標設定や日銀法改正などの具体策には踏み込まなかった。


 これを読んで驚いた。これは今までと変わりなく、日本は悪くなるだけである。 
 円高に為替介入とはとんでもない。円高対策は、日銀が金融の量的緩和をすればよいだけである。
 「14年度のデフレ脱却へ向け、日本再生戦略で定めた重点3分野を通じて需要拡大」とは、これも驚きである。これについては、10月10日の太田弘子教授を批判したときの記事とダブルが、少し書いておく。

 経済の成長とは、GDPが増えることである。

 「グリーン(環境・エネルギー分野)」とは、太陽熱、風力などの新エネルギーを指していると思うが、電力は必要量以上には増やせない。どうしてGDPが画期的に増えるのだろうか。

 「ライフ(医療・介護分野)」でどうしてGDPが増えるだろうか。高齢者が増えることを視野に入れていると思うが、高齢者が増えれば、その分だけ介護費用は増えるがそれだけである。医療でGDPを増やすには、患者を増やさなければならい。しかし、患者は、高級医療を受けられだけの収入がなければならい。国民の皆さんが健康に努力し患者が減少したら医療のGDPはどうなるだろうか。医療・介護が「日本再生戦略」の重点分野だという。お笑いである。

 「経済連携の加速による海外成長の果実の取り込み」とはTPP推進ということだろうと思う。TPPをやると農業がダメになるので、「農林水産業の成長産業化」を入れているにすぎない。TPPというのは、規制撤廃であるからインフレ対策である。今の日本は、デフレである。デフレのときにインフレ対策したらデフレが促進されるだけである。とんでもないことである。
 民主党は、経済のことは何もわかっていないようだ。民主党の公約では、デフレ脱却は絶対にできない。



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

misa

Author:misa

  Misaブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログカウンタ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。