スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

財務大臣に麻生元総理を

 いよいよ安倍内閣が発足するが、デフレ脱却に最も重要な閣僚は財務大臣である。財務大臣には、麻生元総理に是非やってもらいたい。麻生元総理のこれまでの言動を見ると、彼は、デフレ脱却の正攻法を十分に理解しているからである。彼は、ある講演会で「政権を取ったときは、猛烈な反発を受けるかもしれないが、積極的な公共投資を実施する」と主張していた。

 今朝の三橋貴明氏のブログに下記の記事が載っていたので紹介する。

 『そしてもう1人、安倍総裁をこれまで陰に陽に支えてきた麻生元総理大臣が副総理兼財務大臣として入閣することが固まりました。これで、女房役である官房長官の菅氏と、安倍氏が力を入れる経済政策の担当大臣に麻生氏と甘利氏が就任することになります。
 この顔ぶれに共通するのは、安倍氏が全員信頼を置く人々であって、かつ全員が閣僚経験者であることです。
 安倍総裁は今回、経験者を優先することで「重厚で安全、安心な布陣」を敷くことを狙っているものとみられます。
 安倍氏が考えた現時点での「オールスター内閣」が今回の顔ぶれだといえます。』

 というニュースが流れました。
 (このニュースソースは、http://news.tbs.co.jp であるが、アクセスしたときは、すでに削除されていたので、不正確な情報だったようだ。管理者)

 本当に「麻生太郎財務大臣」が誕生するとなると、これはまさに「平成の高橋是清」になります。平成の高橋是清と言えば、小渕恵三内閣時代の宮澤喜一元総理がいたではないかと思われたかも知れませんが、宮澤元総理は厳密には「平成の高橋是清」ではありません。なぜなら、小渕内閣は「デフレ対策」を訴えて選挙に勝ったわけではないためです。

 1931年12月に民政党の若槻内閣が倒れ、後を継いだ政友会の犬養毅は、いきなり総選挙に打って出ます。この時、引退から引っ張り出した高橋是清の提案で、政友会は、
大々的なデフレ対策を実施する
 という公約を掲げ、総選挙に勝利したのです。

 是清はデフレ対策の実施について「民意」を獲得した上で、大蔵大臣として辣腕をふるい、
「日銀の通貨発行」
「日銀の国債買入」
「政府の財政出動」
 という、わたくしが100ぺんくらい繰り返している正しいデフレ対策のパッケージを実施し、我が国を世界で最も早く大恐慌という「超デフレ」から救い出すことに成功しました。

 そして、2012年。安倍総裁率いる自民党は、
大々的なデフレ対策を実施する
 という公約を掲げ、総選挙に勝利したのです。

 国民の民意に基づき、正しいデフレ対策を実施する、一度、内閣総理大臣を経験した財務大臣(大蔵大臣)ということであれば、日本の憲政史上、高橋是清と麻生太郎しかいないのです(麻生総理はまだ財務大臣になられたわけではないですが)。

ということで、今後の安倍内閣の組閣に注目したい。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

misa

Author:misa

  Misaブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログカウンタ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。